這いつくばるな、立ち上がれ

giveness INTERNATIONAL ギブネスインターナショナル

STORY

12年にわたる人財革命の実績。
ギブネスしあえる(与え合える)人財育成と、強固なチームビルディング。

魂が燃えたぎり、強烈に手ごたえのある人生を創造しあう。

今ある命を燃焼させる、それが
<GIVENESS  INTERNATIONAL>

GIVNESS INTERNATIONALは「矢澤祐史」という一人の起業家を軸とし、
惜しみなく与え合うことでここまで成長してきました。

それぞれが、自らの使命を発見し、その道を究めていく。
溢れる感謝を行動に、貢献と挑戦の志に目覚めていく人々を輩出。

天命に目覚めた仲間たち。

仲間たちとの熱い感情的な結びつき、あらゆる成功の中にある豊かさ、
その中で発生する高いエネルギーが、ハレーションを起こし続けています。

それぞれが得意なこと、おもしろいと感じることをギブネスしあう、それが私たちが創る社会。
人生は一度きり、人間の死亡率は100%。
だったら、自分史上最高の人生を目指し、思うように生きてみたい。

進むべき方向、何のために何をするのか、どのようにするのか、
すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進めばいい。突き抜ければいい。

GIVENESS INTERNATIONALは、100人の幸せな経営者を輩出します。

MESSAGE

人生は学び、天に問う学問

腹をくくれ。その他大勢でいるのが嫌なら、
自分に正直に「リスク」を冒せ。


「どうせ無理…」
アクセルを踏みながら、力いっぱいブレーキを踏んでいるのは…、紛れもなく自分自身。

失敗への怖れや、過去の恥、周囲の声…、それを自分の中で増幅させ、自らブレーキを踏んでいる…。
そう、ブレーキはあなた自身。

一度、そうやって自分に嘘をつくことを覚えた人は、何度もそれをくり返すようになり、
やがては、今、自分に嘘を付いているのか否か、区別することができなくなる。

自己憐憫に陥って、それに慣れてしまった人は、誰からも犠牲者だと思われたいという
歪んだ振る舞いさえするようになる。

さらには周囲の人を消耗させ、害を及ぼす。

新たな習慣を始めることを、人生の中で重要なこととする。

人生は想像以上に多くの学びに満ちています。
生をまっとうすること、それは「一生涯、学び手である」ことを知ること。
学びの態度に謙虚さを持てれば、失敗に対する怖れよりも、勇気と好奇心が後押ししてくれるようになる。

人生に失敗などない、あるのは学びだけ。

人類は無限の可能性を持っていながらも、永遠の青二才であり続ける、というのが私の結論。

そして、既知と未知とに橋を架け、学びの体験をクリエイトする。

それが「GIVENESS INTERNATIONAL」のコアバリューです。

人生は遊び場だ、しかも最高の。

遊ぶように働き、仕事をするように遊ぶ。

自分の存在意義を天に問い、人生の意味を自ら発見し、
自分の生きたいように生きる、やりたいようにやる、やりたいだけやる。

強烈な情熱の源泉に興奮を覚えるほど好きなことを見つけ、
既存の概念に囚われずに制限という掟を破れば、お先真っ白になる。

恐怖に凍りつく瞬間があるくらいでなければ、全力を尽くしているとは言えない。

自分に見せないようにしてきた自分を、自分自身に見せてやればいい、
そのための人生、だからこその志事。

我々は、自分や仲間をぬるま湯から引きずり出し、ブレーキをぶっ壊し、
ソーシャルグッドなアイデアで革命を起こすことで、社会に貢献しています。
メンバーシップとリーダーシップ
自分の信じる道を歩くことは時に険しく、
永遠に続く砂漠の中にいるような気持ちになることもあります。

だからこそ、GIVENESS INTERNATIONALには、メンバーシップへの強い想いがあります。

メンバーシップとは、所属するメンバーが、各自の役割を果たすことで全体に貢献すること。

具体的には、自分の仕事を確実に遂行する、他のメンバーに協力する、
面倒な仕事を進んで引き受ける、自発的に役割を形成するといった行動が挙げられます。

組織がうまく機能するにはメンバーシップの発揮が欠かせません。

また全員がリーダーであると考えています。
我々にとってのリーダーとは「自分にできない」と思っていること、
「諦めていること」でも果敢にチャレンジしていく人のことを指します。
マスターマインドグループ
重要なのはGIVENESS INTERNATIONALのマスターマインドグループで、
質の高いエンパワメントのサポートを受けること。

私たちの心は、いつだってまだら模様です。

起業するには野心が必要ですが、その野心がつまずきの元になることもあります。

大胆に独創的なことをするには自信が必要ですが、その自信が過信や傲慢さとなってしまうこともあります。

望むべきではないものを望んでしまっていることもあります。

自己欺瞞に陥ろうと自ら望む人はきっといないでしょう。

ところが時には、自己欺瞞に陥った上に、正当化までしてしまうこともあります。

非情になりたい人はいないはずですが、他人に酷いことを言って、後から悔やむこともあるのではないでしょうか。

人の心には、困った一面があるとことは誰もが知っているシンプルなことです。

そのせいで時に物事を台なしにしてしまったり、長期的な視野を持つべき時なのに、
目先のことにとらわれてしまったりする人は少なくありません。

より高い目標に向かって努力すべきなのに、
楽をしたいがために低い目標を達成しただけで満足してしまうことも。

だからこそ、我々はお互いを刺激しあい、支え合い、フィードバックし、
ギブネスしあうことで、人間的成長を続けています。

あなたはありのままあっていい。存在していい。あらゆる感情を感じてもいい。完全じゃなくていい。
ようこそ、自分。ようこそ、あなた。


GIVENESS INTERNATIONAL 会長
プロデューサー イベントオーガナイザー
矢澤祐史
Profile プロフィール

OURGROUP

GIVENESS INTERNATIONALは、
豊かな人生を生きるための学び(遊び)の場と勇気づけの場を創造しています。

人材育成事業
自らの成長を目指す方々が、ともに学べるセミナーやワークショップを、年間を通じて開催しています。
既存の概念にとらわれないこと、自らを成長させるための癒しをテーマに、海外で活躍するトップクラスの講師を招いて開催します。
人生の達人の招聘活動
自分の信念に基づいて異文化の中で活躍している人生の達人を、日本へ招聘。
出版業
今を生き抜く勇気を伝えるためのメッセージを出版しています。
女性や子どもたちへのエンパワメント
日本がイキイキと輝くには、女性の魅力と底力が最大限に発揮されることが必要であると考えています。
また、日本の将来を担う子どもたちにも、多くの機会を提供するためにイベントを開催しています。
英雄の旅® Hero’s journey®という普遍的な人生の法則を伝授
何者として何を達成するために今を生きるのか? それは人生の目的を果たすための、あなたにとっての英雄の旅®Hero’s journey®とも言えます。英雄の法則を編み出した神話学者ジョーゼフ・キャンベル、彼が残してくれた恩恵を、ジョーゼフ・キャンベル財団とクェストカフェとともに広めています。 ※英雄の旅®︎及びHero’s journey®︎の登録商標は株式会社矢澤祐史事務所に属しています。

BLOG

NEWS

EVENTS

GIVENESSINTERVIEW

FOLLOWUS

GIVENESS INTERNATIONALの
新着情報はこちらから配信しております。

mail magazine

Mail Address
Name

sns

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

line

line